4月, 2014

図書館の女性の司書が可愛すぎてたまんないやばい!

私が2週間に一度くらい、足を運ぶ市立の図書館があります。
興味を引く本や、洋楽のCDなど、いいものを無料で借りることができるので、図書館は重宝しています。

その図書館で働く女性が可愛いです。可愛い人は二人います。
一人は結構、お年を召していて、でも40代前半でしょうか。可愛いですし、どちらかというと綺麗です。名札にはリーダーと書いてありました。図書館のなかにもヒエラルキーがあるのでしょうか。

もう一人は若い女性です。肌が白く、顔は、やさしい狐のような感じです。向こうは仕事なので当たり前と思われるかもしれませんが、図書館を訪れるひとに笑顔で接しています。非常に可愛い。本どころじゃない。いや、本どころではあるけれども、返却された本を彼女が書架に戻す時、本棚の間を潜り抜け、私の視界も通り過ぎる。このときに私の本への集中は心地よく途切れ、心はほぐされ、けれど体は熱くなります。

後姿もまずかわいい。白い首が見えるアップにした茶色い髪。綺麗な髪。

生活に禅でも取り入れようかと考えてる

ちょっと禅の精神でもかじってみようかな、っと思って掃除を始めました!
今は片づけ。物をどんどん片づけて、あまり使わないものは奥にしまって、使うものだけ目立つところ、外側のところに置いておく。

とりあえず片づけを終わらせて、今度はできるだけ清潔を保てるように、ホコリやゴミを取り除きます。大切なのは、綺麗な状態を維持すること。掃除ぐらいなら大部分の人が簡単にできるんだ!ただ、綺麗な状態を保つのはなかなか難しい。

禅では修行で掃除を行うらしい。これを作務という。俺も掃除とか、ちょっとした家事とか、まぁ肉体労働のようなことをする時は作務衣を着ようかな。アマゾンとか楽天に売ってたら買っちゃおうかな。なんか、リアルの店舗で買うのはちょっと恥ずかしいから(笑)

紫外線は女性ホルモンでシミを作らせない。

腕にシミが出来てしまう、そんなこと、ありますよね。
腕は人間の体の中でも特に日に当たりやすい場所で、紫外線にさらされています。

そのため、UVケアを的確に行わないと紫外線によるダメージにより肌にシミができるおそれがあるのです。

シミが出来てしまったら、それを解消する正しいスキンケアが必要になります。私の場合は、シミに効く、シミを消す薬を用いています。

しみだけではなく、お肌のトラブルを総合的にケアしてくれるので私には手ばなせません。

また、老化によってシミもできやすくなります。年齢を追うごとに女性ホルモンは低下しますが、女性ホルモンの分泌が少なくなるとシミも発生しやすくなると言います。

女性ホルモンが不足していると感じるときは、非常に似た効果をもたらす大豆イソフラボンが効きます。身体の異変にすぐに対応できる柔軟な感性が欲しいですね。

Theme by RoseCityGardens.com